デパスの副作用/依存性

【デパスの副作用/依存性】

 当サイトでは、デパスはおだやかな鎮静作用、睡眠導入作用をもつ依存性をもつ精神安定剤の1種です。デパス錠の副作用、薬の価格(薬価)、効果・効能の解説しております。

デパスの副作用/依存性の解説【デパス錠の成分による種別について】

デパス錠の成分と働き

 デパス錠は、市場にも比較的広く普及している認知度の高いお薬のひとつと言えるかもしれません。
 もし病院などでお薬の処方を受けた場合は、まずそのお薬がどのような成分で構成されているのか?
 そして、どのような働きをもっているのか?について把握しておく必要があります。
 デパス錠は、不眠症などの改善薬として知られておりますが、デパス錠は
●エチゾラム
 と呼ばれる成分が配合されている薬剤です。
 アメリカなどでは、医薬品の主要成分名が直接お薬の名前になっているケースが大半です。

ページのトップへ戻る

エチゾラムの働きと特徴について

 エチゾラムは、おだやかな鎮静作用、睡眠導入作用をもつ成分です。
●自律神経の不安定症状
●不眠症などの症状

 などの症状の改善する働きをもっております。
 成分の働きが比較的おだやかでやさしい点がエチゾラムの特徴とも言えます。
 エチゾラムは精神安定剤などの神経系に働きかける作用をもつお薬の中では比較的弱い部類の薬です。
 そのため、神経系の問題などの可能性が検討される場合に幅広い用途で処方されているのが現状です。

ページのトップへ戻る

デパスの副作用/依存性の解説(メニュー)


デパスの副作用/依存性