デパスの副作用/依存性

【デパスの副作用/依存性】

 当サイトでは、デパスはおだやかな鎮静作用、睡眠導入作用をもつ依存性をもつ精神安定剤の1種です。デパス錠の副作用、薬の価格(薬価)、効果・効能の解説しております。

デパスの副作用/依存性の解説【デパスの効果と効能・作用について】

デパス錠が処方される疾患の一覧

 デパス錠を服用する場合の主な使用目的について見ていきましょう。
 まずデパス錠の基本的な用途は、前項で解説した通り、デパスに配合されている主成分であるエチゾラムの作用により分類されます。
 エチゾラムは神経系にやさしく働きかける作用をもつお薬ですから、精神の安定を図ることが重要とされる疾患に使用されることになります。
 尚、主に使用される疾患の代表としては、
●自律神経失調症
●不安神経症
●更年期障害
●パニック障害
●不眠症
●うつ病

 などの精神的な疾患が代表にあげられ実際にお薬を処方されるケースの大半の疾患を占めます。

ページのトップへ戻る

薬剤の併用には注意が必要

 お薬の服用の注意点としては、他の薬剤と併用して使用するケースなどでは注意が必要です。
 これはデパスに限る話ではありませんが服用する薬剤の組み合わせによって、デパス錠の働く作用を強めたり、効果を薄めたりするケースもあるためです。
●持病などによって薬剤の併用をしなければいけないケース
 などのケースは一般的に広く考えられるケースです。
 ですからもし持病のお薬などを定期的に服用しているような場合に関しては、事前に医師にその旨を伝えておく必要があります。
 通常は医師によって危険性のある成分が配合されている薬剤の併用を確認されます。
 もし特に確認も無く薬を処方された場合は、服用前に一度確認を取ることが重要です。

ページのトップへ戻る

デパスの副作用/依存性の解説(メニュー)


デパスの副作用/依存性