デパスの副作用/依存性

【デパスの副作用/依存性】

 当サイトでは、デパスはおだやかな鎮静作用、睡眠導入作用をもつ依存性をもつ精神安定剤の1種です。デパス錠の副作用、薬の価格(薬価)、効果・効能の解説しております。

デパスの副作用/依存性の解説【デパス錠の副作用について】

症状の一覧

 デパス錠は基本的に、医師に処方された容量を守り、短期間の服用であれば副作用を起こす事はありません。
 しかし、大量にデパス錠を服用したり、長期的に服用を続けた場合、主要成分であるエチゾラムの副作用として
●強い眠気が常時続く
●ふらつき感を感じる
●目がかすむ
●生理不順(女性)
●倦怠感
●集中力低下

 などの副反応症状を発症するケースも多く確認されております。

副作用症状の一覧表

ページのトップへ戻る

効き目の低下を感じるケース

 デパス錠は服用期間が長期化するほど、薬の効果に対して体が慣れてしまい効き目の低下を感じるケースも多くあります。
 その為、自己判断で服用量を増加してしまうという事態が後を絶たないのも現状です。
 このような現象は、睡眠導入剤としての働きをもつお薬全般に言えることでもあります。
 更にデパス錠は、依存性の高い薬品としても有名なお薬でもあります。
 服用しないと眠れないなどの症状を抱える依存症患者も実際多く存在します。
 デパスの服用開始時は、以上の傾向が確認されている点を十分に把握した上で容量を守って服用することが何よりも大切といえます。

ページのトップへ戻る

デパスの副作用/依存性の解説(メニュー)


デパスの副作用/依存性