デパスの副作用/依存性

【デパスの副作用/依存性】

 当サイトでは、デパスはおだやかな鎮静作用、睡眠導入作用をもつ依存性をもつ精神安定剤の1種です。デパス錠の副作用、薬の価格(薬価)、効果・効能の解説しております。

デパスの副作用/依存性の解説【デパス錠の価格(薬価)】

デパス錠の薬価(細粒タイプ含む)

 デパス錠の薬価は
●1錠(0.5mg) ⇒ 9.00円
●1錠(1mg) ⇒ 15.60円
●1%(1g) ⇒ 141.80円

 となっております。
 後者のグラム単位は細粒タイプの薬価です。
 デパス錠は、基本的に錠剤タイプが2種類と細粒タイプが一種類となっております。
 これはジェネリック医薬品においても同様です。
⇒ジェネリック医薬品との価格差に関する記事

ページのトップへ戻る

薬価の見直しについて

 薬価(保険薬価とも呼ばれます)とは、病院や薬局で処方される
●薬1錠に対する価格
 の事を指します。
 薬価は健康保険制度のもと、医療保険を使用して保険診療を行った際の価格で、この価格は国家が制定します。
 この薬価は基本的に2年に一度の見直しがなされております。
 当サイトで掲載中のデパス錠の薬価(細粒タイプ含む)の記載は、
●2010年05月01日
 の情報となりますので事前にご了承下さい。

ページのトップへ戻る

デパスの副作用/依存性の解説(メニュー)


デパスの副作用/依存性