デパスの副作用/依存性

【デパスの副作用/依存性】

 当サイトでは、デパスはおだやかな鎮静作用、睡眠導入作用をもつ依存性をもつ精神安定剤の1種です。デパス錠の副作用、薬の価格(薬価)、効果・効能の解説しております。

デパスの副作用/依存性【サイトマップ2/2】

1ページ目   2ページ目

デパス錠の成分による種別について

デパス錠の成分と働き

 デパス錠は、市場にも比較的広く普及している認知度の高いお薬のひとつと言えるかもしれません。
 もし病院などでお薬の処方を受けた場合は、まずそのお薬がどのような成分で構成されているのか?
 そして、どのような働きをもっているのか?について把握しておく必要があります。
 デパス錠は、不眠症などの改善薬として知られておりますが、デパス錠は・・・・

⇒続きを見る


エチゾラムの働きと特徴について

 エチゾラムは、おだやかな鎮静作用、睡眠導入作用をもつ成分です。
●自律神経の不安定症状
●不眠症などの症状

 などの症状の改善する働きをもっております。
 成分の働きが比較的おだやかでやさしい点がエチゾラムの特徴・・・・

⇒続きを見る

デパスの効果と効能・作用について

デパス錠が処方される疾患の一覧

 デパス錠を服用する場合の主な使用目的について見ていきましょう。
 まずデパス錠の基本的な用途は、前項で解説した通り、デパスに配合されている主成分であるエチゾラムの作用により分類されます。
 エチゾラムは神経系にやさしく働きかける作用をもつお薬ですから、精神の安定を図ることが重要とされる疾患に使用されることになります。
 尚、主に使用される疾患の代表としては・・・・

⇒続きを見る


薬剤の併用には注意が必要

 お薬の服用の注意点としては、他の薬剤と併用して使用するケースなどでは注意が必要です。
 これはデパスに限る話ではありませんが服用する薬剤の組み合わせによって、デパス錠の働く作用を強めたり、効果を薄めたりするケースもあるためです。
●持病などによって薬剤の併用をしなければいけないケース
 などのケースは一般的に広く考えられる・・・・

⇒続きを見る

デパス錠を服用する際の注意点について

リトナビルとの併用は厳禁

 デパス錠を服用する際の注意点としては、まず前項でご説明しました他の薬物との併用についてです。
 併用の際に特に注意したい成分としては・・・・

⇒続きを見る


副作用症状を増大させる可能性

 デパス錠とお薬の服用を併用する事によって発生する危険性をもつ成分はリトナビルだけではありません。
 デパス錠には特有の副作用症状がいくつか確認されております。
 詳しくは次項で解説しますが副作用症状を増大するおそれのある薬物をここにあげておきます・・・・

⇒続きを見る

デパス錠の副作用について

症状の一覧

 デパス錠は基本的に、医師に処方された容量を守り、短期間の服用であれば副作用を起こす事はありません。
 しかし、大量にデパス錠を服用したり、長期的に服用を続けた場合、主要成分であるエチゾラムの副作用として・・・・

⇒続きを見る


効き目の低下を感じるケース

 デパス錠は服用期間が長期化するほど、薬の効果に対して体が慣れてしまい効き目の低下を感じるケースも多くあります。
 その為、自己判断で服用量を増加してしまうという事態が後を絶たないのも現状です。
 このような現象は、睡眠導入剤としての働きをもつお薬全般・・・・

⇒続きを見る


1ページ目   2ページ目

デパスの副作用/依存性